[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

紅茶のチカラ

香りと紅茶

香りと紅茶

ほのかで自然な香りを好む現代人の好きな香りは「紅茶」の香り。
「柑橘系の香り」、「紅茶の香り」でリラックスし、
香りを重視して「紅茶」を飲む。

自然でほのかな、癒される香りの好きな現代日本人。好きな、リラックスできる香りを具体的に聞くと「柑橘系の香り」(76.0%)、「紅茶の茶葉の香り」(75.9%)、「コーヒー系の香り」(73.8%)などが挙げられました【グラフ13】。

【グラフ13】具体的な、好きなリラックスできる香りは次のうちどれですか?

香りを重視して選ぶ飲み物としても「紅茶」(32.0%)、「コーヒー」(30.1%)が挙げられています。全体に臭活度が高いほど香りを重視して飲み物を選んでいるようで、臭活者の43.2%が香りを重視して紅茶を選ぶと回答しています【グラフ14】。

【グラフ14】あなたが、香りを重視して選ぶ飲み物は何ですか?

自然でほのかな香り好きの現代人は、紅茶の香りを特に好んでいるといえそうです。
なお、紅茶を飲むシーンについて聞くと、「一息つきたい・リラックスしたい時」(66.8%)、「気分を切り替えたい時」(24.2%)、「気持ちを落ち着かせたい時」(22.8%)などが挙げられました。臭活度が高いほど、紅茶にさまざまな効果を期待して飲んでいる傾向にあります。【グラフ15】

【グラフ15】あなたが、紅茶を飲むのはどんな時ですか?
香りと紅茶

コーヒーより紅茶派が多いのは男女とも20代。
紅茶派20代男性“紅茶男子”は香りに敏感な就活成功者が多い。

ちなみに、自分を紅茶派だと思うか、コーヒー派だと思うかを答えてもらうと、「紅茶派」は3割(29.5%)となりました。「紅茶派」は女性20代で多く、過半数(50.5%)を超えています。男性でも20代で「紅茶派」が最多で、29.3%となっています【グラフ16】。

【グラフ16】あなたは紅茶派ですか?コーヒー派ですか?

これら「紅茶男子」「紅茶女子」に注目してみると、「紅茶男子」は、香りに敏感で希望の就職先に就いている、という回答が多いなど、興味深い傾向が見られました【グラフ17】。

【グラフ17】希望した職業についていると思いますか?
ページトップへ

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ