[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

紅茶のチカラ

現代日本人と“臭活”

現代日本人と“臭活”

現代日本では自分の臭いや香りに気遣うのは常識。
臭活度を点数化すると、最も高い「臭活者」は3人に1人(36.8%)。

日本人は「臭い」や「香り」をどのようにとらえているのでしょうか?まず、自分の臭いや香りに対する気遣い度について聞いてみました。
「異性に香りや臭いで不快感を与えたくない」(85.5%)、「体臭や口臭など自分が発する臭いに気をつけている」(86.8%)、「制汗剤などで臭いを消したり、香りを足し、体臭や口臭を抑える工夫をしている」(64.1%)、「柔軟剤や洗剤など、自分のまとうほのかな香りにも気を使っている」(54.9%)と、臭いや香りに気遣う人が大半です【グラフ1】。

臭いや香りにどの程度気を使っていますか?

これら、自分の体臭や口臭などの不快な臭いへの気遣いや、香りへの気遣いを「臭活」と名づけ、臭活度合いを聞く設問への解答を点数化し、合計点を「高(20点以上)/中(15~19点)/低(15点以下)」に分類、最も点数が高い群を「臭活者」としたところ、「高」である臭活者は約3人に1人(36.8%)となりました【円グラフ1】。

3人に一人が臭いや香りへの気遣い度が高い「臭活者」

“臭活”と就活

“臭活”と就活

臭活は就活の成功に「効果あり」(85.0%)。特に臭活者は強く実感。
「希望の職業に就いている」就活成功率も、臭活度合いと比例。

臭活度が高い人たちは、どのような特徴を持っているのでしょうか?まず、臭活度と仕事や就職活動との関係性を見てみました。
臭いや香りへの気遣いが就職活動の成功に効果があると思うかを聞くと、「体臭や口臭など自分から発する香りに気をつける」(効果がある:85.0%)、「制汗剤などで臭いを消したり香りを足して体臭や口臭を抑える工夫をする」(効果がある:72.3%)などと、肯定的な回答が多数を占めました。特に臭活度合いが高いほど、「効果がある」という回答も多く、臭活は就活に効果があると考えられます【グラフ2】。

臭活は、就職活動に効果があると思いますか?

実際に、希望の職に就いているかどうかを聞くと、臭活度「低」では56.4%、「中」では56.6%、「高」では58.5%が「就いている」と回答しており、差はわずかですが臭活をした方が就活も成功する、といえそうです【グラフ3】。

希望した職業についていますか?
“臭活”と就活

臭活は就活以外にも、仕事の集中力や効率に効果あり。
結果として出世が早まる!?

また、就職活動以外にも、「仕事にプラスの効果を集中力がある」、「仕事の効率は良い」、「仕事は充実している」、「出世・昇給は早い」などが、臭活度合いが高いほど高率となっています。
自分の臭いや香りに細やかに気遣い、香りに親しむことによって、仕事の集中力を上げ、結果仕事ができるようになる、ということなのかもしれません【グラフ4】。

仕事について以下の項目に当てはまりますか?
ページトップへ

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ